一年のはじまり

 

2018年。明けましておめでとうございます。

今年をどのような一年にしようと昨年末に心に決めておられる方も、いらっしゃることでしょう。

私はここ数年、本やセミナー、映像や音声で自分の中にインプットを続けてきました。

何となくの直感で、私の中でその期間が終わった感覚があります。

ですので今年は「動く」年にします^^

 

インプットの時期は、とても大切でした。

「動こう。変わろう。」と思っても、心の奥底が変わらない限り、深いところ、潜在意識は現在の自分をキープするように働きます。

 

これまでの人生パターンを変えるには、本当に深いところが変化しなければ変わりません。

 

ダイエットにしても、「ダイエットしたい」という表面の意識とは別に、「痩せたくない。きれいになりたくない」という心の深い部分の意識があれば、なかなか結果は出ないでしょう。

 

私は深い部分がなかなかに手ごわかったので、自分を変えていくための情報をインプットしながらまずは、心のデトックスをここ数年、特に昨年は行いました。

 

きれいごとを言っても、はじまりません。

 

嫉妬。うらやむ心。ねたむ心。

 

一番やっかいで、一番辛くて、いちばん見たくない心の部分。

 

私の中にも、たくさんありました。

 

パートナーとの関係ということもあるのですが、「今」の自分を形作るものは、そういった人間関係も含めてのことですから、彼との関係にそういった感情が横たわっていたこともまた、必然でしたでしょう。

 

とにかく昨年は特に、きれいごとではすまない、自分の心の中の、あまり認めたくない感情を自分なりに正面から認めました。

深いところに押し込めていたので、吹き出し始めたらどんどん出てきて大変でした。

でも、吹き出して、文字にして、書いて書いて、破り捨てて、伝えることは相手に伝えて。。。

 

醜い部分も自分なのですから。

完璧だったら、「人」としてこの地球に生まれてくることはないでしょう。

そんなに立派だったらもう、生まれる必要もなく、神様ですから^^

 

そう思って、歯を食いしばって、認めたくない自分の醜い心もしっかりと表に出して、「ああ、私ってこういう部分があるんだ。」としっかり認めて。。。

 

それからそれを、紙に書いては何度も破り捨て。。。

 

すっきりしたと思ってもまた何かのきっかけで1週間後ぐらいに感情が噴き出てきたら、またそれも書き出して破り捨てて。。

 

そうやって、どんどんどんどんデトックスをしていきました。

 

それをしながら、そういう自分を否定するのでなく、「よしよし」って優しく認めていきました。

 

自分で自分を大切にしない時期が長かったから、スタイルが崩れたり、辛いことがあって自分の女性性を否定していたから、婦人科系が病んだりしていたのですが、

わかっていてもそれを、治そうという心も湧いてこなかった時期がありました。

 

まずは心のデトックスをすることが、変化の第一歩となりました。

 

それが、昨年の私。

 

そうやって「重石」がはずれて初めて、ポジティブに行動していこうという心持になったのです。

 

それが、昨年末。

 

だから今年の私は「行動」です^^

 

「パターンブレイク」という言葉があります。

人はどうしても、決まったパターンの生活に安定感を求め、落ち着いて過ごすことが出来るものですが、それはまた停滞していくことでもあります。

 

変化を起こしたいとき、日常生活の、たとえ小さなパターンでも、崩していくことで、人生に動きと変化が生まれてきます。

・いつもの通勤経路を変えてみる

・地下鉄に乗っているときはスマホを見ない

などなど、決まったパターンがあれば、それを意識的に崩すのです。

 

「現在のフィールド」

「現在の次元」

それは、自分の容姿や暮らし方、周りの人たちとの人間関係を含めた総合的なものですが、その「フィールド」は決して大げさでなく、毎日のパターン=習慣が生み出しているものです^^

 

知識をたくさんインプットしたこの数年を経て、「行動の年」にしたい。

 

わくわくする一年のスタートです♪