「自分」の「キーワード」を探る年

今年ももうあと、わずか。

あれこれあった、めまぐるしい一年でしたけれど、なにかこう来年には形になりそうな何かの「芽」を感じる年の瀬で、とても幸せな感覚でいます。

天秤座生まれの私。

ここ数年頼りにしている星占いの占い師さんは、しいたけさんと、石井ゆかりさん。

石井ゆかりさんが読み解く2018年の天秤座についての解説はさすが、私の深いところの感覚にぴたっときました。

2017年は、天秤座の人々の多くが

何かしら「新しいスタートを切った」のではないかと思います。

2018年はそれを受けて「軌道に乗せる」時期と言えます

石井ゆかりさんのてんびん座の2018年間占いより

 

 

本当にその通り。

50代をどのように生きようかと方向性をさぐりながら、とにかく「何か」をスタートさせた2017年でした。

だから、次の十年二十年を形作る自分なりの方向性の「芽」を感じて、来年につなげることができそうだと嬉しく思っている年の瀬。

来年は「軌道に乗せていく」という石井ゆかりさんの星読みがピン!ときましたし、励まされて明るい気持ちにもなりました。

 

そのために始めたのが、「自分のキーワードを探る」という自分なりのワークです。

 

50代に入って、これまでと違う、これからの私をもっと表に出していきたいと思うようになりました。

それには、これまでの自分を見直すことが大切です。

例えば、本当に「今」の私の心の深いところにピタッとくるファッションをしているのかしら?

と自分のなかを探ったとき、そのようでもあり、違うようでもあり。。

じゃあなぜ、少し違和感のあるファッションをしてるのかといえば、体型に自信がなくて思うようなファッションが出来ていないという思いがあったりします。

では、ダイエットなりボディーメイクなりをして好きな服を着ればいいのだけど、なぜかそこにストップがかかって、ダイエットしようと思うほど、自分をいじめるようにたくさん食べてしまう自分もいて、

単純にはいかないのが人間だと改めて思いながらも、いろんな方面から自分にアプローチして、50才から花開く後半生の基盤を作るのはここ数年だという強い感覚もあります。

これはパートナーも同じで、同じ年代の生まれだからでしょう。

彼もまた、60代70代の自分のおぼろげなイメージを持ちながら、この数年が後半生のキーになるという感覚でいるので、ふたりでそのような話をする時間も、今年は多かったのです。

 

ですから、来年の天秤座は、今年切ったスタートを「軌道に乗せる年」という星読みにはとても励まされます。

 

そこで今私が始めたワークが、「私のキーワードを探る」というもの。

よく読むファッションブロガーの方の日記で、ファッションと心についての話を具体的なワークを読み、なるほどと納得したので、来年一年かけて、「私のキーワード」というものを探ろうと思いました。

具体的な方法についてはまた、次回に書きたいと思います。

 

お正月は久しぶりに実家に行くので、もしかしたら、幼いころの自分の感覚を思い出すかもしれません^^

 

大人になると状況に合わせて、本来の自分の望みではないファッションをしている可能性もありますしね。

 

行き帰りの新幹線で、静かに心を見つめてみましょうか^^